FC2ブログ

有機農業塾 前半戦終了

お暑うございます〜。

さて、昨日は第8回目の有機農業塾を吉和で行いました。

朝から曇天、そして吉和の涼しい風、暑いとは言いながら絶好の農作業日和で

下界とは全く違うさわやかな汗を流しました。


じゃがいもも、ほれ、こんなに!(出来自体はいまいちですが)

DSCN4050.jpg


7月末の有機農業塾専用ほ場です。
トマト、なす、ピーマン、だいこん、きゅうり、じゃがいもが育っています。
ブロッコリーと黒大豆は苦戦しながらも成育中。
残念ながらほうれん草や小松菜、ルッコラは今回、育ちませんでした。

DSCN4057.jpg


なすの剪定は難しい。なかなか教わった通りに育ってくれない(当たり前!)
福田さんに聞きながら、みなさんあーだこーだと時間も忘れての農作業。

DSCN4081.jpg


ほ〜れ、路地栽培のトマトです。そんじょそこらのトマトと違いますよ。
農作業の合間にみなさん、むしゃむしゃ。

DSCN4036.jpg


枝豆の赤ちゃん。次回の講座時には大きくなっているかな。

DSCN4093.jpg



本日の収穫はこちら。みんなで分けて帰りました。

DSCN4098.jpg




そして次回(8月10日)は、イタリアン祭りを開催します。

収穫した野菜を使って、

みんなで料理をして食べましょうという企画です。

メニューは、ピザ、パスタ、カルパッチョ、サラダ(ポテト、ダイコン)、オニオンスープなどの予定。

塾生の中に若き料理の達人がいることも判明しました。

福田塾長もうかうかしてられません、料理人魂に火がつくか!!!?


次回は特別に誰でも参加OK! 

参加者のご家族、友人はもちろん、ゆうきびとの関係者もどうぞ。

ただ、材料購入など準備がありますので、参加される方は早めに下記にお知らせください。

yukibito@waltz.ocn.ne.jp

特定非営利活動法人ゆうきびと事務局

です。材料費として500円だけかかりますが、参加費は無料です。

差し入れも大歓迎ですよ!






スポンサーサイト

じんじん 今週限りの上映

ゆうきびとのメンバーでもある友川さん(シネマキャラバンVAG)が配給する映画「じんじん」が

ただいま八丁座で絶賛上映中です。

八丁座は2スクリーンありまして、なんとその片方ではあの宮崎駿監督作品「風立ちぬ」が

上映されております。

八丁座 上映スケジュール


「風立ちぬ」ももちろんいいのですが、ぜひ「じんじん」もご覧ください。

ストーリーはこちら。

じんじん 映画公式サイト

じんじん


上映は、10:05〜 19:00〜 の1日2回。

26日(金)までです。

この映画、大地康雄さんが企画し主演されています。

大地康雄さんというと、思いおこすのは『病院へ行こう』の怪演が傑作で、

当時大笑いしながら観た記憶があります。

(監督は「おくりびと」で超有名になってしまった滝田洋二郎さんでした)

みなさん、今週ぜひ足を運んでくださいね。




Grandeひろしま 本日創刊!

暑いですね〜。

さて、今日は素敵なお知らせです。

毎年実施しています「食と農の映画祭」で昨年も実行委員会委員長を務められました平木久恵さん(今年もお願いする予定)が代表をされていますグリーンブリーズさんから、広島の新しい情報誌の創刊号が本日発行されました。

皆さん、「旬遊」という、広島の情報誌があったことをご存知ですか。
2003年に創刊されて2012年に廃刊になりました。
編集のクオリティの高さが評判で、惜しまつつの廃刊でした。


そこで、平木さんから「旬遊のコンセプトを引き継ぎつつリニューアルした新しい雑誌を創刊させる」という話はずいぶん前から聞いてはいました。

そしていよいよ本日、創刊となったわけです。

Grandeひろしま1

Grandeひろしま2

創刊号の特集は島巡り。夏の企画にぴったりですね。
私は暑いのは苦手なので、ひとまず誌面で涼をとることにします。


出版業界、言わずと知れた不況のまっただなかにあります。
しかもキャパの限られた地方誌。
大変な挑戦と思います。

みなさん、書店でみかけたらぜひ手に取ってみてください。
私も定期購読を申し込んで、創刊号が届くのを心待ちにしているところです。





今月のマルシェ

今月のマルシェの開催についてお知らせします。

●7月12日(金) ユアーズ東海田店(百笑隊)

●7月20日(土) ユアーズ楠木店(百笑隊)
         ユアーズ東海田店(旬菜倶楽部・吉賀町)

●7月26日(金)・27日(土) アバンセ古江店


の予定です。

お近くにおいでの際はお立ち寄りください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。