ようやく冬らしくなってきました。

さて、12月10日(土)、島根県で画期的なイベント、第1回しまねオーガニックフェアが開催されるというので、会場の松江市・くにびきメッセに行ってきました。

当日の朝早くに広島市を出たのですが、三次を過ぎて布野のあたりから雪景色になり、赤城とかはもう真っ白の世界。前夜に天気予報を見て、あわててスタッドレスタイヤに履き換えてほんと良かった。頓原あたりから雪もなくなり、なんとかフェアが始まる10時ごろ、会場に到着! しかし小雨まじりの北風が冷たい! 今年初めて、体の芯から寒い、と思いました。
でもこんな天気なのに駐車場には次々に車が入ろうとして、結構なにぎわい。

実は、来訪の目的のひとつは、全国有機農業の集いのチラシを配ることだったので、それを福原さんに渡して、入口で配ってもらいました。中には、わざわざブースに来て「申し込みたいのでチラシをください」と言われる若い人もいましたよ。

それにしても、会場のくにびきメッセは、立派な施設ですねぇ。天井も高くて広々としたスペース。あまりに広すぎて、会場はすかすか感が少しありましたが、私はお客さんは多かったと思います。そりゃあ島根ふるさとフェアなどのにぎわいに比べると少ないですが、もし広島市で同じような催しをしたら、こんなにお客さんが来てくれるだろうか、と思ってしまいました。子ども連れの多かったことも印象的でした。
どうなんでしょう、松江の人は有機農業や食の安全に関心のある人が多いのでしょうか。

しまねオーガニック2
会場入口。同日、別の展示場では不動産フェアやガスフェアなども開催されていました。でかい!

しまねオーガニック1
吉賀町ブースです。ダンク・ダンケさんの天然酵母パンが人気で売り切れました。

しまねオーガニック5
ステージイベントも盛りだくさん。島根県知事も来場されていました。

しまねオーガニック4
ひときわ目立っていたブース。展示の演出が上手です。


スポンサーサイト