昨日、法務局とNPOを管轄する広島市役所市民局へ事業報告書を提出してきました。市役所の方は若干の書類ミスがありましたが、訂正して出しました。パルの中田さんにも一緒に行ってもらいましたが、市役所で担当の方と話をしていると、どっかで聞いた声が…。横を見ると篠原さんがいました。環・太田川の解散処理で来られてたのでしょうか。
実際、毎月冊子「環・太田川」を発行するのは、本当に大変だったと思います。私も編集とかの仕事もしていますが、これは作る人にしかわからない(?) 知らない人は、なんでこんなもの作るのにそんなに時間がかかるんだ、と思われるかも知れませんが、やることは尽きず、締め切りに追われての毎日だったと思います。しかも、毎月!!

本当に、お疲れさまでした。しばらくはのんびりしてください。

(とは言いながら、今日は篠原さんにIWAD環境福祉専門学校で「有機農業実践論 山、川、海の連携について」の講義をお願いしています)

そのあと、農政課にも寄りました。入門塾がなにか補助の対象にならないかな、と思ったのですが、いまのところ心当たりがないとのこと。いまは地産地消が精一杯で有機農業については敷居が高い、といった印象を持っているとのことでした。でもたまに、無農薬で農業をしたいというような問い合わせもあるとか。入門塾のチラシを持っていたので渡したら、知らなかった、こんど問い合わせがあったら紹介します、とのことでした。

ゆうきびとはまだまだ知られてないんですね。
スポンサーサイト