こんにちは。

先週の土曜日(6月22日)は、吉和での有機農業入門塾の6回目の講座がありました。

前夜までの雨もあがって、しかも曇天。農作業にはうってつけのお天気でした。

しかし、ブヨがすごい。ちょっと油断すると目に飛び込んできます。

このやろ、このやろと払いながらの作業でした。

まずは、潮原温泉上の農場に。

キュウリの手入れです。

130622 01

ここのはよく育っています。

のち場所を、本来の農業塾のほ場に。こちらは全体的に生育が遅く、育ちにむらがあります。

気温の関係と、「土の加減かもしれん」と福田さん。

こちらもきゅうり、なす、トマトなどの手入れ。追肥をしたり、網に芽をしばったり。

また、雑草を畝の間に敷いたりしました。

そしてブロッコリーにはあおむしがびっしり。もう葉っぱがすかすかになっています。こいつらを引きはがします。このあおむしくん、とったら袋に入れておきます。塾生の中にニワトリを飼っている方がいらして、そのニワトリのお土産にするのです。

130622 02


葉っぱがスカスカのブロッコリーですが、福田さんに聞いたら、まだこの状態なら大丈夫だろうとのこと。

野菜って、じょうぶなもんなんですねー。

今日は、午後もほ場で作業をしたので、座学はちょっとだけ。

130622 03


時間を大幅にオーバーして3時前の解散になりました。

みなさん、お疲れさまでした。

今月は土曜日が第5週まであるので、次の開講は2週あいて、7月13日になります。

トマトなども収穫できるだろうとのこと。

みなさん、また元気に来てくださいね。






スポンサーサイト